MENU

ピラセタム通販では個人輸入ではない購入を

詳しくはコチラ

↓↓↓↓

ピラセタム(Nootropill)800mg

 

ピラセタムは、記憶力や集中力、認知力を向上させるスマートドラッグのなかで、最も人気のある商品です。

 

ピラセタムは、脳内の血流と、酸素消費量を改善することで、脳機能を活性化させ、脳のより良い働きを促します。

 

その際、大量にアセチルコリンを消費するとされているので、コリンを同時に摂取することで、効果が増すとされています。

 

元々、ピラセタムはアルツハイマーの治療薬として開発されていた医薬品ですが、患者に記憶力、認知力、集中力の向上が見られたため、スマートドラッグとして販売されはじめた経緯を持っています。

 

現在では世界中で販売され、多くの人に愛用されています。

 

一日三回、食前と食後を問わず服用できるため、非常に便利で、また安全性にも定評があるので、安心して服用を続けることができるとされています。

 

ピラセタムは日本国内の企業ではなく、海外で開発、販売されている商品ですので、個人輸入で購入することになります。
しかし、言葉の問題や、手続きの難しさなどもあるので、個人輸入代行業者を利用することをおすすめすます。

 

個人輸入代行業者のなかには、悪質な業者も紛れているため、情報を収集し、信頼度の高い業者を選択するのが大切なことになります。
そこでおすすめしたいのが、個人輸入代行業者大手のオオサカ堂です。
長年の実績もあり、メーカー正規品保証で、安心して購入できます。

 

オオサカ堂はコチラ

↓↓↓↓

ピラセタム(Nootropill)800mg

 

ピラセタム通販は楽天やアマゾン以外で激安の最安値で購入できます

ピラセタムは海外で購入できる薬で、認知機能を強化して脳の老化を防止することが期待できます。

 

また、脳機能を向上させて学習や記憶力を改善する効果が期待されます。

 

ピラセタムは脳内神経伝達物質の濃度をあげる作用があり、視聴覚から得られる情報が鮮明になり、普段なら気付かないような細かいことにも気付くようになり集中力が増して思考がまとまりやすくなります。

 

意識しなくても集中力が向上するため、仕事や勉強などに効果を得ることができ、中高年の認知機能改善アルコール中毒治療など幅広く活用できる薬です。

 

服用は1日3回食前食後を問わずに半錠から1錠を経口で摂取し、効果に応じて服用量を増減することができます。

 

副作用は殆どありませんが、稀に頭痛、眠気、めまい、吐き気などが生じることがありますので、重篤な場合は、医師にご相談ください。

 

詳しくはコチラ

↓↓↓↓

ピラセタム(Nootropill)800mg

 

ピラセタム通販や個人輸入について

ピラセタムは脳の機能を改善させる医薬品の一つとして有名であり、記憶力の改善、学習能力の向上に定評のある医薬品です。

 

元々は、アルツハイマーの治療薬として開発された経緯がありますが、記憶力などを向上させる効果が見つかったため、1980年代後半には、アメリカでブームになりました。

 

俗にスマートドラッグと呼ばれるピラセタムは脳内の血流と酸素の消費量を改善させ、記憶力や集中力を向上させます。

 

一日三回の服用で効果が実感できるとされ、摂取量を増減させることも可能です。

 

また、副作用も少ないとされ、安全に使用できることから、日本においても注目を集めている医薬品になっています。

 

ピラセタムは海外で販売されている医薬品であるため、使用する際には輸入による購入が必要になります。

 

しかし、個人輸入には様々な制限があり、煩雑な手続きが必要である場合が多いため、一般的には個人輸入代行業者という業者から購入するのが適した方法とされています。

 

その業者にも様々な業者がおり、なかには偽薬を販売する悪質な業者も存在するため、購入する前に業者の信頼度を図り、正しい医薬品を販売する業者から購入することが肝要なことになります。

 

安心信頼の個人輸入代行業者は、オオサカ堂です。

 

詳しくはコチラ

↓↓↓↓

ピラセタム(Nootropill)800mg

 

ピラセタムの服用で起こる頭痛は副作用ではない?

ピラセタムは元々、アルツハイマー型認知症の治療薬として開発されましたが、記憶力や集中力を高める作用があることから海外では一般的に用いられるスマートドラッグの一つとして認識されています。

 

認可された医薬品であるため、副作用のリスクがそれほど高くないというのも海外で普及した一因です。

 

しかし、ピラセタムを服用してると頭痛が起こることがあります。

 

頭痛は副作用の一つに含まれていますが、実は頭痛が起きる理由はもう一つあります。それがピラセタムの作用による頭痛です。

 

ピラセタムは脳内神経伝達物質の、アセチルコリンの濃度を上げる作用を持っており、それが記憶力や集中力を高める効果に関係しているのですが、このアセチルコリンを有効に作用させるためには、十分なコリンが必要となります。

 

しかし、アセチルコリンの濃度に対して、コリンが不足してしまうと、脳の疲労感へとつながり、頭痛などが引き起こされることがあるのです。

 

つまり、ピラセタムの服用で起こる頭痛は、副作用だけが原因というわけではなく、体内のコリン不足が原因ということも十分にありえるのです。

 

にこうした作用を知らずに単体で服用しているような場合は注意が必要です。

 

そのため、服用する際には一緒にコリンをサプリなどで補うと、頭痛予防になるのです。

 

ピラセタムで本当に勉強が捗った口コミ

高校生での大学受験に失敗し、1浪することになりました。

 

親は大学資金はあるが予備校のことは考えていなかったと焦っていましたが、大学資金の一部を予備校に回しまた貯めるということになりました。

 

本当に申し訳なくて試験に無事合格でき大学に入学した後はバイトしながらお金を返すことを誓い、とにかくこの1年で絶対に合格しなければと思いました。

 

しかし毎日予備校に通い勉強し帰宅後も勉強という生活は単調で、全く集中できず誘惑に負けてしまうこともしばしばありました。

 

このままではいけないと思い、予備校で仲良くなった友達に教えてもらったピラセタムを飲んでみることにしたのです。

 

最初ピラセタムの話を聞いた時は怪しい薬なのではと疑ってしまいましたが、確かに飲んでいる友達の集中力はものすごく、ネットで調べたピラセタムの口コミも評判が良かったので安心しました。

 

予備校にいる間と一番勉強に集中できる夜に服用すると、気持ちが落ち着き頭もスッキリして雑念が消えるような感覚になります。

 

過去こんなに勉強に集中したことはあったかなというほど効果があり、記憶力も冴え模擬試験では余裕で合格ラインを超えました。

 

そして無事希望の大学に入学することが決まり、両親もとても喜んでくれました。

 

ピラセタムがなかったら1浪では済まなかったかもしれないと思い、本当に助かりました。

 

詳しくはコチラ

↓↓↓↓

ピラセタム(Nootropill)800mg

 

ピラセタムの体験談について

私がピラセタムを服用した体験談についてです。

 

ピラセタムを飲むきっかけになったのは禁煙です。

 

私は20歳になってすぐ、先輩の勧めで煙草を始めました。最初のころはなれないし、特に本数も多くなく、一日平均3本程度でした。

 

所が、社会人となりストレスの多い仕事を始めるようになり、徐々にたばこの本数は増えていき、気が付けば一日二箱も開けるようになってしまったのです。

 

煙草を吸わないと落ち着かず、いらいらしてしまいます。

 

特に長い会議になりますと、どうしても吸いたくなるのです。

 

しかし、結婚し子供のことを考えるとやめたほうがいいと考え、最初は市販の禁煙グッズを駆使しました。

 

ですが逆にイライラしてしまい、禁煙外来の扉を叩きました。

 

カウンセラーも就いてくれるので、仕事の悩みからどうしても吸いたくなることを打ち明けました。

 

さらに先生からはピラセタムという薬を処方され、薬を飲みながら少しずつ吸いたいという衝動をコントロールしつつ禁煙へ向けて長いマラソンを始めました。

 

途中どうしても吸いたくなる時はガムなどでしのいだり喫煙所を遠ざけるようにしました。こうしてピラセタムを飲みながら禁煙チャレンジをすること3年半、みごとにたばことは縁を切れました。

ピラセタムの効果とは?頭が良くなる?

飲むと頭が良くなる薬、スマートドラッグとして人気の高いピラセタムは、脳の認知機能を改善するために、1964年にベルギーで開発された医薬品です。

 

ただし、現在のところ、日本では医薬品としてもサプリメントとしても広まっていないので、ドラッグストアや通販で購入することはできません。

 

このため、入手方法として一般的なのは個人輸入です。

 

ピラセタムを使用すると、脳の血流量を上げ、酸素消費量を多くすることがわかっています。

 

失読症の患者に、一定の効果があったという研究論文も提出されていて、血流などが改善して、大脳の左右半球間の情報伝達がよくなり、認知機能が改善されたと結論づけています。

 

このほか、現在もピラセタムに関するさまざまな研究や、臨床実験が行われていて、失語症やてんかん、認知症などの治療薬として期待されています。

 

日本でもヨーロッパでも頭が良くなるということで、特に若者たちが試験勉強の時などに使用しているピラセタムには、目立った副作用は今のところ見つかっていません。

 

ただし、標準的な投与量を越えて使用し続けると、腎臓や肝臓の機能障害に陥る危険もあることや、15歳以下の服用は避けた方がよいこと、が指摘されています。

 

また、ピラセタムの血小板凝固阻害作用がダメージの原因に成り得るため、止血剤を使っている人は使用を避けた方が良いようです。

 

詳しくはコチラ

↓↓↓↓

ピラセタム(Nootropill)800mg